0203













* 2018_02_09_01

『 個人的にも愛用しています  』





 '' 物語の中から飛び出した様なブーツ ''  







 // 佇んでいるだけでも絵になるモノ // 



こんばんは、ジョンです。


今週は更新が大幅に遅れてしまってごめんなさい・・・
撮影や細かい準備に追われてしまいなかなか時間が取れず更新が遅れてしまいました。
(本当にごめんなさい・・・)


来週も忙しいのは目に見えているので 更新が遅れない様に頑張って更新しますので引き続きご覧いただけるととても嬉しく思います。



さて、今回はずっと僕が紹介したかったアイテムの一つThee OLD CIRCUSの根底にあるロストシーズンアイテム群 OLD NUMBERから個人的にも愛用している ’’ BULLET '' という名のブーツを紹介いたします。




IMG_0819



CB-412  Old Name 「 BULLET 」

バレットレザーミドルシャフトサイドジップブーツ

Price // 73,440 yen( 68,000 )

COW-100

Color // Size 

BULLET RED //  41 , 42 , 43 ,




素材は弾丸の意味合いを持つ ''BULLET LEATHER'' というThee OLD CIRCUSオリジナルの牛革。
マットな質感で一見ヌバックの様に見えるこの革は、オイルを大量に染み込ませ吟面( なめした革の表面部分 )を極薄に削ぎ落とす事でこの独特なマットな風合いを表現した革となります。



IMG_0873




この革には充分すぎるほどにオイルを染み込ませており、履き込んでいくこと独特なシワや味わいを見せてくれます。
履き込む事で色に奥行きが生まれ、徐々に深い色合いへと経年変化していくのはやはりブーツを履き込む上での大きな楽しみですよね。


僕の私物のブーツも写真に納めようかと思ったのですが、かなり履きつぶしてダメージが深刻な状態なので現在は修理に出しております。
掲載できなかったのは悔しいですが、後日修理が終わった際にご紹介致します。


IMG_0880




OLD NUMBERからリリースされているエンジニアブーツと同型の木型を用いて生み出されている事で、足元にボリュームを持ったままエンジニアブーツとは全く違った無骨で男らしい表情を生み出し、なおかつシャープでエレガントな印象を与えるサイドジップブーツにデザインされていることから、優雅で粗野という相反する二つの意味を融合させたデザインとなっています。




IMG_0848





IMG_0881




なぜボリュームがあって無骨な匂いを放っているのか・・・
それはアウトソール(靴底)がダブルミッドソールで作られている為です。

ダブルミッドソールとはミッドソール(インソールとアウトソールの中間部分の事を指します)を2枚挟むことでクッション性や反発性、耐久性をさらに上げることを言います。

更にこのブーツのミッドソールは十分な厚みを持たせた上でヒール(かかと部分)を取り付けているのでブーツ全体のボリュームを向上させ、重厚感を出すことでThee OLD CIRCUSらしい無骨で男らしい雰囲気を演出することにも一役買っております。

エレガントな雰囲気のモノをあえて粗野に、無骨に表現するところにもデザイナーのこだわりが感じられます。




IMG_0854



アウトソールにはラバーを貼っているのでソール交換せずともお買い求めいただいた直後からそのまま履いていただけますが、より無骨さを強調したい方はもちろんソールのカスタマイズも当店で承っております。
参考までにソールカスタマイズについてのリンクを以下に掲載致しますのでご参照下さいませ。


>>> ソールカスタムについてはこちら




IMG_0856







IMG_6589



IMG_6594



個人的には黒パンツとの組み合わせが「BUFFALO'66」のヴィンセント・ギャロのようで非常に好みです。( 気になる方はぜひ調べてみてください)

映画を観た方はきっとこの意味が分かってさらにカッコよく見えると思います。


通年で取り扱っているOLD NUMBERですが、日々在庫が変動しているアイテムなので在庫状況等が気になる方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

また、今回紹介したカラー以外にも別色をご用意しておりますので、合わせてご検討頂ければと思います。下に商品リンクを貼りますのでこちらもご覧頂ければ幸いです。


>>> 別カラーリングはこちら


皆様のご来店や商品等のお問い合わせを心よりお待ちしております。




下背景用








Text by.

Garage EDEN ショップスタイリスト / ジョンルドルフ・モリシタ (John rudolf Morishita)


                                       


「 Garage EDEN 公式 LINE 」を作りました

▼▼▼ (画像をクリックして頂くとスマホの場合はそのまま自動で登録出来ます。PCでご覧の方はQRコードが出ますのでそれをスマートフォンでパシャりとやるといいらしいです)

1 2

商品に関することやその他なんでもぜひお気軽にご利用下さい。インカネーションやThee OLD CIRCUS - 9 - などオープンプライスの商品の値段などのお問い合わせにも便利ですし、予約営業日の当日予約などタイムリーなご質問への対応が可能となっております。


グループトークと違いあくまで1対1での個別トーク対応(JBウラノ又ジョンが対応します)となりますので、ご質問の内容や個人のIDなどは周囲の方には分からないようになっておりますのでどうぞご安心下さい。

                                      


「オートクチュール接客」=『Garage EDEN』

// 最高の地下空間セレクトショップで本物のカッコ良さを俺が伝えます // 



Thee OLD CIRCUS(ジ・オールド・サーカス)& OLD GT(オールド・ジーティー)
+ incarnation(インカネーション form ITALY.)




* 営業に関して詳しくは 
こちら または HP内説明 をご覧ください

* 来店予約、御意見や感想、質問などはお気軽にこちらからどうぞ >>> CONTACT

メルマガの配信を行っております。 >>>  Garage EDEN メルマガ(登録、解除も簡単です)


* お問い合わせの際に一部のメールアドレスの方への返信が届いていないという不具合が出ております。迷惑メール等のフィルターによって届かないケースもあるようなので、メール後24時間以内に返信がない場合は大変お手数ですが再度メールを頂くかお電話にてお問い合わせをお願い致します。頂いたメールには必ず返信するようにしております