0313








「 そろそろ衣替えの季節ですね  」

こんばんは、ジョンです。

先週の寒さはどこへやら・・・近頃は気温も上昇し春先らしい暖かな陽気を感じる日々が続いており、秋冬の防寒着から軽快な服装へと衣替えした方も多く見受けられますね。

寒さが苦手な私としてもよう開く暖かくなってきたこの気温状況は嬉しいですし、過ごしやすい季節がやってきたと強く実感しております。

・・・ただ花粉症なのでマスクは必須ですが(笑)



さて、当店では先週リリースしたThee OLD CIRCUSの新作アイテムがリリースから間も無く嬉しいことに非常に好調で多くのFAMILYさんからリアクションをいただいております。
日々在庫も少なくなってきておりますのでぜひ気になっている方はご検討いただければ幸いです。

冒頭にも記載したように最近は気温も高くなってきましたが、日が暮れるとやはり肌寒さを感じてしまい薄着では心許ないと存じます。その為、程よい厚みを持つシャツやアウターは必須であると考えました。

そこで今回私のブログで紹介するのは、ちょうど今時期に活躍することが想定されるGシャツを皆様に提案致します。

それではどうぞご覧ください。







IMG_5040


FITTING DENIM >>> 

FITTING CUTSAWN >>>


FITTING PANTS >>>



FITTING BOOTS >>>






先週リリースしたタイガーカモ柄のボトムスとレースアップブーツを組み合わせ、ストイックかつ無骨な雰囲気を作り上げたスタイリング。

トップスにはフーディカットソーの上にGシャツをレイヤードし春先らしい軽快な印象を演出しました。

今回紹介するGシャツは、13.5ozストレッチデニム素材というデニム素材の中でもちょうど中間程度に位置する生地厚の素材を持って構築されたアイテムとなっており、薄すぎずかといって厚手すぎない今時期に適切な厚みとなっている為非常に使い勝手に優れた着用が可能となるシャツとなります。




IMG_5047




IMG_5052




当店が考える無骨さにおいて生地が持つゴツさや肉感的な表情というのは重要。
そのどちらの要素を満たすこのGシャツはアウターとして、あるいはシャツとして幅広い活躍が想定されるものであると捉えています。

デニム生地には十分に伸縮するウレタンを混紡している為、タイトなシルエットフォルムや厚みのあるインナーを着用したとしてもストレスがなく快適な着用を実現します。

ウォッシュの掛かったインディゴデニムの爽やかな色合いが春らしさを強調し、軽快な雰囲気を演出します。




IMG_5048





IMG_5045



春先の定番スタイルでもあるGシャツ+迷彩パンツ。

タイトで流麗なシルエットでコンパクトにまとめている為、王道の組み合わせながらも洗練された雰囲気を演出します。

さらに、このGシャツを用いたスタイルをもう一つご紹介させてください。



IMG_4643



FITTING INNER >>> 






FITTING SHORT PANTS >>> JUVENILE HALL ROLLCALL / ジュヴェナイルホールロールコール / 1265 / CUSTOMISED DENIM PRINT SHORT PANTS [CUSTOMIZED DENIM] SIZE_ONE (こちらの商品は後日リンク掲載致します)

FITTING PANTS >>>


FITTING BOOTS >>> 


デニム転写プリントのショートパンツとフルレングスのボトムスをレイヤードし擬似的なデニムオンデニムを演出した個性的なスタイリング。
ボトムレイヤード以外は限りなくストイックでシンプルな組み合わせとなります。

個人的にかなり気に入っているコーディネートの一つで、アクセサリー的な感覚でショートパンツをレイヤードし、スタイリングとしては難しいデニムオンデニムを当店が考える無骨で退廃的なスタイルへと落とし込みました。

洗いが掛かったGシャツの風合いとデニム転写プリントとのカラーバランスが絶妙でこの何とも言えないアンニュイな表情のコーディネートがファッションを楽しむことを再認識させてくれます。





IMG_4646





IMG_4648



春先のスタイルにおいて定番とも言えるGシャツ。
万能感のある使い勝手と様々なスタイルに活躍する安定感が魅力の作品。

過度な装飾やデザインなどは必要とせず組み合わせ方ひとつでスタイリングの表情を大いに変革させ、どんな世界観にも溶け込むことが出来る有能なアイテムです。

暖かくなってきた今時期には最適な1枚かと存じます。


ぜひご検討いただければ幸いです。



Text by.

Garage EDEN Shop Stylist  / ジョン・モリシタ (John ''R'' Morishita)


                                      


「オートクチュール接客」=『Garage EDEN』

// 都会の喧騒から隔離された地下空間でマイノリティなスタイルを貫き続ける  // 



Thee OLD CIRCUS(ジ・オールド・サーカス)& OLD GT(オールド・ジーティー)
+ incarnation(インカネーション form ITALY.)

                                      

* 営業に関して詳しくは 
こちら または HP内説明 をご覧ください

* 来店予約、御意見や感想、質問などはお気軽にこちらからどうぞ >>> CONTACT

メルマガの配信を行っております。 >>>  Garage EDEN メルマガ(登録、解除も簡単です)

                                      

* お問い合わせの際に一部のメールアドレスの方への返信が届いていないという不具合が出ております。迷惑メール等のフィルターによって届かないケースもあるようなので、メール後24時間以内に返信がない場合は大変お手数ですが再度メールを頂くかお電話にてお問い合わせをお願い致します。頂いたメールには必ず返信するようにしております